遺言作成・相続・不動産登記は岐阜県各務原市の小島健司 司法書士事務所へ

遺言・生前贈与・相続

岐阜で生前贈与・不動産登記を依頼するなら|小島健司 司法書士事務所

生前贈与・相続・遺言

小島健司 司法書士事務所 HOME >  取り扱い業務  > 生前贈与・相続・遺言
  • 生前贈与

    生前贈与

    平成27年から相続税の基礎控除額が引き下げられる予定です。
    残されるご家族のためにより良い手続きがとれるようご提案をさせていただきます。財産を生前に贈与することによって、将来負担する相続税を少しでも軽減すると共に、相続関連のトラブルを回避するためにも役立ちます。

このような方はご相談下さい
  • 相続

    相続

    不動産を所有されている方がお亡くなりになられた場合、
    相続人の方が登記名義人の変更を行う必要があります。
    遺言書が無い場合は、遺産分割協議書を作成し、不動産の
    名義変更登記手続きを行います。
    お気軽にお問い合わせ下さい。

このような方はご相談下さい
  • 遺産分割について

    被相続人の財産は相続人に帰属します。
    実際に財産をどのように分けるのかは、相続人間で話合いをすることが多く、その話合いにより財産を分配する手続きを遺産分割と呼びます。
    遺産分割協議は相続人全員の合意が必要となります。
    尚、被相続人が遺言を残している場合は、遺言に沿った遺産の分割方法が優先されます。

  • 相続放棄について

    相続財産の中に多額の借金があり、プラスの財産でまかなえないような場合は相続放棄の手続きをとることができます。
    相続放棄とは、プラスもマイナスも含めた全財産の相続を放棄することを家庭裁判所に申述することを指し、家庭裁判所への相続放棄の申述は、相続の開始(被相続人の死亡を知って)から3ヶ月以内に行うことが必要です。場合によっては3ヶ月以上経っていても受理される事もあります。     

  • 遺言

    遺言

    財産を誰に相続させるかなどの被相続人の意思を明確に伝えるために「遺言」があります。
    遺言を残すことは、将来の「相続」時に残された家族が混乱しない為の思いやりです。
    遺言は、何度でも作成可能です。
    お若い方もお気軽にご相談下さい。

このような方はご相談下さい

遺言の種類

  • 公正証書

    遺言の作成自体に"公証人及び2名以上の証人の立会い"が公証役場にて必要。

    【メリット】
    ・第三者が関与しているために証明力が高く、方式不備等で遺言が無効になることはほとんどない。
    ・作成後の遺言書原本は公証人によって保管されるので、後日の紛失・改ざんの恐れがない。
    【デメリット】
    ・一定の手間と費用が必要

  • 自筆証書

    自筆証書遺言は遺言者の自筆によって作成し、作成した遺言書は自らが保管する遺言。

    【メリット】
    ・公証人や第三者の関与が無く手軽に作成できる。
    【デメリット】
    ・不備がある場合、遺言自体が無効となることもある。
    ・見つからない場合がある。

  • 秘密証書

    自筆でもワープロでも作成が可能な遺言。(自書の署名は必要)
    作成後に封をして公証人のもとへ持参後、証人立会いのもとで封書した遺言書に署名捺印をする。

    【メリット】
    ・遺言の存在は明らかだが、その内容は相続開始まで秘密に出来る。

お気軽にご相談下さい。

ご相談は初回のみ無料です。
悩み込む前に、まずはご連絡下さい。

  • 小島健司 司法書士事務所

    小島健司司法書士事務所

    〒504-0961
    岐阜県各務原市那加新那加町8-2
    TEL: 058-337-5250
    FAX: 058-337-5256
    営業時間: 9:00~18:00
    定休日: 土・日・祝日
    ※休日のご対応も可能です。ご相談下さい。
    ※駐車場完備、お気軽にお越し下さい。