小島健司司法書士事務所

遺言作成・相続・不動産登記は岐阜県各務原市の小島健司 司法書士事務所へ

コラム

岐阜で不動産登記のことは小島健司 司法書士事務所へお任せ下さい
(相続・贈与・売買における不動産登記業務に対応)
~未登記の建物を相続した場合、不動産登記はどうなる?~

小島健司 司法書士事務所 HOME >  岐阜で不動産登記のことは小島健司 司法書士事務所へお任せ下さい(相続・贈与・売買における不動産登記業務に対応) ~未登記の建物を相続した場合、不動産登記はどうなる?~

岐阜で不動産登記のお悩みは小島健司 司法書士事務所へご相談を
~相続・贈与・売買における不動産登記業務に対応~

岐阜で不動産登記のお悩みは小島健司 司法書士事務所へご相談を ~相続・贈与・売買における不動産登記業務に対応~

岐阜不動産登記に関することは小島健司 司法書士事務所へご相談下さい。小島健司 司法書士事務所は、相続贈与売買など、あらゆる状況の不動産登記業務に対応いたします。

不動産登記業務は必ずしも専門家に頼る必要はありませんが、その煩雑さから時間的・労力的な負担が大きいものです。専門家に事前に相談すれば、書類の準備から申請手続きまで円滑に進めることができます。

岐阜で不動産登記のことなら、ぜひ小島健司 司法書士事務所へご相談下さい。

岐阜で不動産登記のご相談は小島健司 司法書士事務所へ
~明確な報酬基準で安心~

岐阜で不動産登記のご相談は小島健司 司法書士事務所へ ~明確な報酬基準で安心~

岐阜で不動産登記の相談をお考えなら小島健司 司法書士事務所へお申しつけ下さい。

不動産登記は頻繁に行うものではないことから、手続きに関して分からないことが多いものです。こうした手続きは専門家に相談することでスムーズに解決できますが、気になるのがその「費用」ではないでしょうか?

小島健司 司法書士事務所は、お客様により安心をお届けするべく明確な報酬基準を設けており、不動産登記業務の報酬についてはサイト内に記載しております。

万が一、報酬・費用に関する疑問等がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

未登記の建物と不動産登記

建物を相続して名義変更を行おうとしたものの、実は未登記であったというケースは実際にあり得ることです。ここでは、未登記の建物が発生する背景と、未登記の建物を相続した際に必要となる不動産登記についてご紹介いたします。

なぜ未登記の建物が発生するのか?

未登記の建物が発生するケースとして代表的なのが、「金融機関等の融資を受けず自己資金で家を建てたケース」です。通常、住宅を購入する際はローンを組みますが、その際は建物表題登記や抵当権等の登記を求められます。つまり、住宅ローンを組むために、こうした不動産登記を行わざるを得ない状況が生まれるのです。

それに対し自己資金のみで住宅を手にした場合は、銀行から不動産登記を求められることがないことから、登記の必要性が薄れてしまいます。登記の必要性が薄れてしまったことにより、登記手続きを失念してしまい、結果として未登記の建物が発生してしまうのです。

そもそも、法律では建物を新築した際は「建物表題登記」を行わなければならないとされています。
そのため、こうした状況を放置することはおすすめできません。後述のように、未登記の建物を相続した際は不動産登記手続きが必要となります。

未登記の建物は「建物表題登記」が必要

未登記の建物を相続した際は「建物表題登記」が必要となります。又、所有権保存登記まで避けることをおすすめします。

建物表題登記とは、建物の所在・種類・構造・床面積など「建物の状況を明らかにする登記」のことであり、所有権保存登記とは、権利に関する登記として「所有者を明確にする登記」のことです。こうした登記は、登記の専門家に相談することでスムーズに終えられます。

お役立ちコラム

岐阜で不動産登記のことは小島健司 司法書士事務所

事務所名 小島健司 司法書士事務所
所在地 〒504-0961 岐阜県各務原市那加新那加町8-2
TEL 058-337-5250
URL http://www.syaotonn.jp
お気軽にご相談下さい。

ご相談は初回のみ無料です。
悩み込む前に、まずはご連絡下さい。

  • 小島健司 司法書士事務所

    小島健司司法書士事務所

    〒504-0961
    岐阜県各務原市那加新那加町8-2
    TEL: 058-337-5250
    FAX: 058-337-5256
    営業時間: 9:00~18:00
    定休日: 土・日・祝日
    ※休日のご対応も可能です。ご相談下さい。
    ※駐車場完備、お気軽にお越し下さい。