小島健司司法書士事務所

遺言作成・相続・不動産登記は岐阜県各務原市の小島健司 司法書士事務所へ

コラム

司法書士の役割と責任

小島健司 司法書士事務所 HOME >  司法書士の役割と責任

司法書士は登記の専門家として広く知られていますが、司法書士の業務はそれだけに留まりません。弁護士や行政書士といった専門家と混同されがちですが、ここでは司法書士の役割と責任についてご紹介いたします。

司法書士の役割

司法書士の役割

司法書士は不動産登記・商業登記をはじめとする各種登記業務や、成年後見制度、相続手続き、遺言作成など多岐にわたる業務も行うことができます。

中でも不動産登記は司法書士の専売特許といえる業務であり、住宅・土地購入時における不動産登記や、住宅ローン完済後の抵当権抹消登記を、司法書士にお任せする方は少なくありません。

近年では、人生の締めくくりとして終活を行う方が増えているため、財産管理や相続対策の重要性も見直されつつあり、司法書士の力が必要不可欠です。このことから、司法書士は人々の暮らしを法的な面からサポートする役割を担っていると考えられます。

司法書士の責任

司法書士の責任

皆様の暮らしをサポートするのが司法書士の役割ですが、それゆえに、司法書士は厳格な責任があるといえます。

例えば、遺言書作成においては相談者様と親身に向き合い、相談者様のご要望や現状に合わせて最適な内容をご提案しますが、遺言書は書き方や表現ひとつで内容が大きく変わります。
そのため、司法書士は遺言書という書面ひとつを作成する場合においても、法的に過不足がない形で仕上げる責任を負っています。

遺言書の作成と同様にして、成年後見制度や相続の手続きは、相談者様の今後の人生に大きく関わります。
このように、司法書士は人々の暮らしを支える専門家として厳格な責任を背負っていますが、それと同時に、日々研鑽を怠らず、精励恪勤することも司法書士の責任であると考えております。

岐阜県で司法書士事務所をお探しなら、各務原市にある小島健司 司法書士事務所へご相談下さい。
小島健司 司法書士事務所では、自筆公正証書遺言など各種遺言書の作成をサポートするほか、相続手続きや不動産登記・商業登記、成年後見制度に関するご相談を承っております。司法書士としての役割・責任を肝に銘じ、各務原市の地域に根ざした司法書士として、皆様のあらゆる悩みにお応えいたします。

お気軽にご相談下さい。

ご相談は初回のみ無料です。
悩み込む前に、まずはご連絡下さい。

  • 小島健司 司法書士事務所

    小島健司司法書士事務所

    〒504-0961
    岐阜県各務原市那加新那加町8-2
    TEL: 058-337-5250
    FAX: 058-337-5256
    営業時間: 9:00~18:00
    定休日: 土・日・祝日
    ※休日のご対応も可能です。ご相談下さい。
    ※駐車場完備、お気軽にお越し下さい。