小島健司司法書士事務所

遺言作成・相続・不動産登記は岐阜県各務原市の小島健司 司法書士事務所へ

コラム

相続の方法を押さえておきましょう

小島健司 司法書士事務所 HOME >  相続の方法を押さえておきましょう
相続の方法を押さえておきましょう

相続人が死亡すると相続が開始されますが、相続の方法としては「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の3つが挙げられます。

各相続人は「自分が相続人になったことを知ったときから3ヶ月以内(熟慮期間)」に、どの方法をとるか選ばなければなりません(民法第915条1項)。以下にて、それぞれの概要についてご説明いたします。

単純承認

単純承認とは、被相続人が残した財産の全てを相続することです。一般的に「相続」と呼ばれているものは、これに該当します。単純承認ではプラスの財産(現金や不動産)・マイナスの財産(借金などの負債)問わず全ての財産を相続するため、マイナスの財産のほうが多い場合は、相続人が債務を返済する義務を負います。

なお、3ヶ月の熟慮期間を過ぎても限定承認または相続放棄を行わなかった場合、法的安定性の観点から、単純承認したものとみなされます(法定単純承認)。期間内に適切な選択をするためにも、ぜひお早めに司法書士へご相談下さい。

限定承認

限定承認とは、プラス財産の範囲内でマイナスの財産を相続することです。プラスの財産よりもマイナスの財産が多い場合、そのまま相続すると負債だけが残りますが、限定承認という形で相続することで、負債だけが残るということがなくなります。

この相続方法は、主に「マイナス財産とプラス財産、どちらが多いか相続開始後3ヶ月ではわからない」という場合に相続人全員によりされます。なお、それぞれの財産を差し引き、プラスの財産が残った場合は、その財産を相続することができます。

相続放棄

相続放棄

相続放棄とは、その名の通り相続を放棄するものであるため、プラスの財産もマイナスの財産も相続しません。

マイナスの財産が多く、相続後明らかに返済できないという場合などに、相続放棄が選ばれる傾向があります。相続放棄は他の相続人と一緒に行う必要がないため、自身で手続きを済ませるだけで行うことができます。

しかし、借金が多い場合に相続放棄をすると、他の相続人に借金が集中するため、予め相続人全員で話し合っておくことをおすすめします。

岐阜県で司法書士事務所をお探しなら、各務原市にある小島健司 司法書士事務所へご相談下さい。小島健司 司法書士事務所では、難解な法律の世界を分かりやすく説明し、お客様の各種ニーズにお応えいたします。「自分に合った相続の方法が知りたい」「遺産分割の相談がしたい」などのお悩みがあれば、ぜひご相談下さい。

お気軽にご相談下さい。

ご相談は初回のみ無料です。
悩み込む前に、まずはご連絡下さい。

  • 小島健司 司法書士事務所

    小島健司司法書士事務所

    〒504-0961
    岐阜県各務原市那加新那加町8-2
    TEL: 058-337-5250
    FAX: 058-337-5256
    営業時間: 9:00~18:00
    定休日: 土・日・祝日
    ※休日のご対応も可能です。ご相談下さい。
    ※駐車場完備、お気軽にお越し下さい。