小島健司司法書士事務所

遺言作成・相続・不動産登記は岐阜県各務原市の小島健司 司法書士事務所へ

コラム

相続人の順位とは何か

小島健司 司法書士事務所 HOME >  相続人の順位とは何か

相続人が亡くなった場合、被相続人の配偶者は必ず法定相続人になりますが、子ども、父母、兄弟には「相続順位」というものがあります。ここでは、相続人の順位についてご紹介いたします。

相続人の順位とは何か

それぞれの順位について

相続順位はそれぞれ以下の通りとなります。

  • 第一順位…被相続人の直系卑属(被相続人の子・孫・ひ孫など)
  • 第二順位…被相続人の直系尊属(被相続人の父母、祖父母)
  • 第三順位…被相続人の兄弟・姉妹とその子

順位が変動する例として

相続は、第一順位の方がいない場合には第二順位の方が、さらに第二順位の方がいない場合には第三順位の方が相続人となります。例えば、被相続人に配偶者と子どもがいる場合は、配偶者と第一順位である子が相続人となり、子ども・孫がいない場合は、第一順位から第二順位へ変動し、父母、父母がいなければ祖父母が相続人となります。同様に、第一順位・第二順位に該当する方がいなければ、第三順位である兄弟・姉妹に相続権が移ります。

相続順位と相続放棄

相続放棄とは、相続権を放棄することであり、相続時にマイナスの財産が多い場合に選択される傾向があります。相続順位と相続放棄は密接な関係があるため、その関係性を押さえておきましょう。まず、マイナスの財産が多く、第一順位の相続人全員が相続放棄を行った場合、次は第二順位に該当する直系尊属が相続人となります。

このとき、第二順位に該当する方は「相続があったこと知ったときから三ヶ月以内」に単純承認・限定承認・相続放棄を決定しなければならず(民法第915条1項)、もしこの熟慮期間を過ぎてしまうと、単純承認したとみなされます。

つまり、第一順位の相続人が相続放棄をしたがために、第二順位の方が借金を背負う可能性があるのです。これを防ぐためには、第一順位から第三順位の相続人全員で、相続放棄をする必要があります。相続放棄を行う際は、身近の相続人だけでなく、第二順位・第三順位に該当する相続人とも話し合っておきましょう。

岐阜県各務原市にある小島健司 司法書士事務所では、遺産分割や遺言書作成に関するご相談を承っているほか、贈与のアドバイスなど、各種相続に関するサポートを行っております。相続の手続きについて分からないことがある、相続に伴う不動産の所有権移転登記をお願いしたいなど、相続や登記に関することは何でもご相談下さい。

お気軽にご相談下さい。

ご相談は初回のみ無料です。
悩み込む前に、まずはご連絡下さい。

  • 小島健司 司法書士事務所

    小島健司司法書士事務所

    〒504-0961
    岐阜県各務原市那加新那加町8-2
    TEL: 058-337-5250
    FAX: 058-337-5256
    営業時間: 9:00~18:00
    定休日: 土・日・祝日
    ※休日のご対応も可能です。ご相談下さい。
    ※駐車場完備、お気軽にお越し下さい。