小島健司司法書士事務所

遺言作成・相続・不動産登記は岐阜県各務原市の小島健司 司法書士事務所へ

コラム

相続における不動産の分割方法

小島健司 司法書士事務所 HOME >  相続における不動産の分割方法

相続財産のなかに土地や建物が含まれており、複数人の相続人がいる場合には、不動産の分割方法で揉めるおそれがあります。あらかじめ遺産分割の方法を押さえておくことで、じっくりと話し合うことができ円満な遺産相続につながります。

相続における不動産の分割方法

不動産の相続は分割が難しい

被相続人が亡くなったことにより、被相続人が所有していた権利や義務は相続人に相続されます。相続人が複数人いる場合には、被相続人が所有していた権利や義務が共有の状態で相続されます。その共有状態が原因となりトラブルに発展することが多く、なかでも不動産の相続は財産の分割が難しいです。

不動産を分割する方法

不動産の相続は、下記の4つの分割方法から選択します。

共有分割

相続する土地や建物を相続人が共同で所有する方法です。法定相続分にそった分割が可能となりますが、土地や建物を売却するとなった場合、権利関係が複雑になってしまい将来にトラブルの種を残します。

現物分割

土地や建物を現物として分割する方法で、例えば、土地や建物を相続人Aに、株式と現金は相続人Bにというような方法です。単独で権利や義務を所有することにより、遺産の所在を明確にできます。しかし、財産の価値が全て同じではないため、不公平が生じることがあります。

換価分割

分割しづらい不動産などの遺産を売却し、売却後の現金を相続人で分割する方法です。換価分割の場合、売却にいたるまで労力と時間がかかってしまいます。その代わり、分割しづらかった不動産などの遺産が現金になるため、分割しやすくなります。

代償分割

相続人が複数いる場合、土地や建物を相続する相続人がその他の相続人に、相続した遺産の価値に応じた不足分の代償金を支払う方法です。

例えば、1,000万の価値がある土地や建物と、現金500万円の遺産があった場合、相続人Aが土地や建物を相続する代わりに相続人Bには250万の代償金を払い、分割した遺産の価値を同等にします。代償金の金額によってはトラブルに発展することがありますが、どうしても土地や建物が必要という場合にはおすすめです。

相続に関する悩みでお困りなら、岐阜県の小島健司 司法書士事務所にご相談下さい。生前贈与・遺産分割・相続放棄・相続登記など、各種手続き・相談を承っております。お客様にとってより良い方向に進むようサポートさせていただきます。岐阜県外からのご依頼もお待ちしておりますので、お気軽にご相談下さい。

お気軽にご相談下さい。

ご相談は初回のみ無料です。
悩み込む前に、まずはご連絡下さい。

  • 小島健司 司法書士事務所

    小島健司司法書士事務所

    〒504-0961
    岐阜県各務原市那加新那加町8-2
    TEL: 058-337-5250
    FAX: 058-337-5256
    営業時間: 9:00~18:00
    定休日: 土・日・祝日
    ※休日のご対応も可能です。ご相談下さい。
    ※駐車場完備、お気軽にお越し下さい。